2018923日(土)に、
「芝浦港南地区第
12回水辺フェスタ地域対抗ボートレース大会」に
社員
6名が参加しました。

この水辺フェスタボートレース大会は、
「芝浦及び海岸2
3丁目地域」、「港南地域」、「台場地域」の3地域から、
1チーム6人編成で、延べ80チーム、480人を超える選手たちが出場しました。

私たち「ネッツ東京チーム」もチーム一丸となってボートを漕ぎ、
スタートからゴールまで、熾烈な争いを繰り広げました。

結果は残念ながら...!

IMG_1128.JPG

IMG_1237.JPG

環境美化活動を行いました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2018911日(火)に、ネッツ東京のボランティア活動である
「環境美化活動」をお台場にて行いました。

20180911_kankyo.png

最高気温24℃の快適気温の中、4名の社員が参加しました。

たくさんゴミを拾っても、次回開催時にはまた拾うことになってしまいます。

ゴミはゴミ箱へ捨てましょう!


「東京ベイ・クリーンアップ大作戦」に参加しました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

201898日(土)に、「東京ベイ・クリーンアップ大作戦」に社員15名が参加しました。

「東京湾を泳げる海に!ハダシで歩ける砂浜に!」をスローガンとして行われる清掃活動で、
6
月に続いて第2回目の開催です。

20180908_bayclean.png

最高気温33度...とても暑い日でした

※プライバシー保護のため一部画像を加工しています

タバコの吸い殻も多く回収しました。喫煙は指定の場所でお願いします!

参加者はボランティアと実行委員の総勢682名で、
収集したゴミの量は可燃・不燃・ビン・カン・ペットボトル等計
143kgとなりました。

また、東京都島しょ農林水産総合センターの方による「お台場干潟の水生生物観察会」も
6
月に引き続き行われました。
次回は
1110日(土)開催予定です。


「お台場無人島上陸大作戦」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2018724日(火)に夏休み親子イベント「お台場無人島上陸大作戦」を行いました

「お台場無人島上陸大作戦」とは、ネッツ東京社員とその家族計78名が参加し、

オリンピックの会場となる東京都お台場海浜公園内の普段は上陸禁止の鳥の島で、

ゴミ拾いを行い、野鳥を観察しながら自然環境の大切さを学んできました。

20180729_01.JPG

ボートに引っ張られて いざ鳥の島へ


20180729_02.JPG

鳥の島上陸ー!!暑いー!!



20180729_04.JPG

ビニール片がたくさんあります


20180729_03.JPG

ゴミはどこかな?


20180729_05.JPG

港区海洋少年団榎本団長によるお台場についてのお話を聞き、鳥の巣を探しに森の中へ


その他カヌー体験やラート体験も行いました

今回ご協力いただいた方々、ありがとうございます

とても暑い日でしたが、とても楽しい一日を過ごしました。

東京湾の歴史や、自然環境の大切さをしっかりと学ぶことができたのではないでしょうか。

お子様たちは帰りの車中で熟睡かな?



20180729_06.JPG


≪実施概要≫

主催:港区海洋少年団

共催:ネッツトヨタ東京株式会社

後援:港区(芝浦港南総合支所)、海上保安庁(東京海上保安部)

協力:NPO海塾






環境美化活動を行いました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2018612日(火)と710日(火)にネッツ東京のボランティア活動である

「環境美化活動」をお台場にて行いました。


20180612_bika.png

612日(火)の様子  最高気温26.4度 晴れでした





20180710_bika.png

710日(火)の様子  最高気温33度 とても暑い!!


タバコの吸い殻もたくさん拾いました。

毎月ゴミを拾っているのになぜこんなに回収出来てしまうのでしょうか。

喫煙は指定の場所で、ゴミは分別してゴミ箱へ。

快適に過ごせるようにルールを守りましょう!


「東京ベイ・クリーンアップ大作戦」に参加しました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

201869日(土)、お台場海浜公園浜辺にて開催された「東京ベイ・クリーンアップ大作戦」に
ネッツ東京から
17名が参加しました。

今年で23年目のこの活動は、「東京港を泳げる海に!ハダシで歩ける砂浜に!」をスローガンに
地球環境の保全と泳げる海を目指すもので、ネッツ東京は協賛しています。

20180609_1.jpg
軍手、トング、ゴミ袋・・・に帽子、タオル、飲み物も必需品!

なんと最高気温32度でした!

※プライバシー保護のため一部画像を加工しています



20180609_2.jpg
※プライバシー保護のため一部画像を加工しています


近隣住民、小学生や企業などから集合したボランティアは1,200人を超え、
浜辺や海底の清掃を行った結果、約
196kgのゴミを収集することが出来ました。

また、同時に東京都島しょ農林水産総合センターの「お台場干潟の水生生物観察会」と、
港区芝浦港南地区総合支所協働推進課による「アサリによる環境学習」も開催されました。


20180609_3.jpg

今年度は、98日(土)、1110日(土)にも開催を予定


2020年東京オリンピック・パラリンピックの水泳(マラソンスイミング)・トライアスロンの
会場にも決定しているお台場の海をきれいにすべく、
地元企業として今後も積極的に参加していきます。



環境美化活動を行いました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2018410日(火)、515日(火)に
ネッツ東京のボランティア活動である「環境美化活動」をお台場にて行いました。


20180515_1.jpg

410日(火)の様子 最高気温20度 快晴でした






20180515_2.jpg

515日(火)の様子 最高気温28度 快晴 とても暑い日でした
豊玉店のスタッフが多く参加し、収集結果はご覧のとおり

この「環境美化活動」とは、地元企業として地元に貢献すべく、
2020
年東京オリンピック・パラリンピックまでに1回は参加しよう!」をスローガンにした
全社員対象の活動です。

月1回、定休日の火曜日に行っています。


春の交通安全運動に取り組みました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

全国のトヨタでは、「交通事故死傷者ゼロ」という目標の実現に向け、
年間を通じて交通安全啓蒙活動として≪トヨタ交通安全活動(サポトヨ活動)≫を行っています。

その一つである「幼児向け交通安全教材(絵本)・紙芝居)贈呈活動」は、
2018
年度に50年目を迎え、ネッツ東京も都内の約460の幼稚園・保育園・認定こども園に
絵本と紙芝居を贈呈しました。


20180413_1.jpg


50年記念号の絵本・紙芝居のメインテーマは「幼児の飛び出し事故防止」です。


20180413_2.jpg

20180413_3.jpg



また、春の全国交通安全運動期間中の4月13
日(金)には三田警察署に協力、
JR田町駅周辺での「街頭啓蒙活動」に参加しました。

今後も交通安全運動に協力し、事故撲滅を推進する活動を行います。

201844日(水)にリニューアルオープンした高井戸店は、
災害時のあらゆる問題を想定し対応できる設備を導入し、
帰宅困難者の受け入れ拠点として杉並区と災害協定を結びました。

20180404_1.jpg



具体的には以下の4点を実現しています。

・帰宅困難者100名が収容可能なショールーム面積の確保

1003日分の食料や生活用品を常備

・避難場所(ショールーム内)での災害ダイヤル専用回線と電話機を設置

・杉並区防災センターとのホットライン用無線機の常備



20180404_2.jpg
高井戸店ショールームです
停電時にカーバッテリーで点灯するLED照明を設置しています

そして非常用貯水機能付き「マルチアクア」も設置しています。

「マルチアクア」は、断水しても新鮮な飲料水を水道蛇口から出すことができて、
水洗トイレも利用できる貯水機能付き給水管です。

100名3日分の飲料用900リットルとトイレ用540リットルを確保しています。



20180404_3.jpg


20180404_4.jpg

「マルチアクア」設置は
国の平成29
年度「災害拠点強靭化緊急促進事業補助金」単年度事業として進め、
全国初の実績です。

更には自動車業界で全国初、一企業として全国初と3つの全国初となる設置となりました。

20180404_5.jpg
高井戸店外観



今後もネッツ東京の基本理念の一つである「地域に貢献し信頼される販売店」として、
社会や地域への貢献をすすめてまいります。


「交通遺児育成基金」に100万円を寄付いたしました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

201844日(水)、「交通遺児等育成基金」に100万円を寄付いたしました。
ネッツ東京はこの基金へ毎年寄付しており、今年で16回目となります。

2017年度寄付額100万円の原資は
ネッツ東京オリジナルチャリティー「メンテナンスチャリティー」約8万台分と、
社員販売した「
KIROMO mini (キロボ ミニ)」の売上です。

「メンテナンスチャリティー」とは、車検・法点の入庫売上の中から1台につき5円を集め、
それを当社のマッチングギフトとして
5円プラスし、10円をベースとするものです。

20180404_iji_1.jpg

同基金は、交通遺児家庭が損害賠償金などの中から支払った拠出金を運用し、
これに国の補助金や民間企業の支援金を加え、交通遺児が満19
歳に達するまで育成給付金を支給しています。

また、この基金の活動を広く皆様に知っていただくための冊子
Smiles
(スマイルズ)*基金だより」が、ネッツ東京全店舗のショールーム内に置いてあります。

店舗にお越しの際はぜひご一読ください。

20180404_iji_2.jpg

スマイルズ・基金だより 2018年春号  (年4回発行)
公益財団法人 交通遺児等育成基金 発行